既婚者がメイドカフェ通いしていても奥さんは大丈夫なのか

引続き メイド Advent Calendar 2017 です。今日は17日目です。

メイドカフェでノマド会代表の石上です。

さて、ご存じの方も多いと思いますが、僕は結婚してます。そのことを明かすと「奥さんは大丈夫なの?」と聞いて来られる方もいます。大丈夫だから今はノマド会をやっているのですけどね。世の既婚男性はもっとメイドカフェに行った方が良いと思います。

ただ「大丈夫」にするためには気をつけていることもあります。奥さんも「旦那さんの趣味がメイドカフェ通い」というのも心配ですよね。世間体的にも気にされるかもしれません。。。

そこでこの記事を書いて、少しでも世の奥さんの不安を和らげ、既婚者の方がメイドカフェに行きやすいようにしていきたいと思います。もっと多くの人がメイドカフェに行くことが普通になれば、世間体だって大丈夫です!

メイドカフェの中での既婚男性

メイドカフェに既婚者のお客さんはいるの?

メイドカフェのお客さんの大半は男性です。そして多くが独身の男性です。しかし、女性も昔から一定数います(お嬢様と言われます)。そして、それと同じくらい既婚者の男性もいます。既婚者の男性のお客さんは、40代以上の方が多いように思いますが、僕のように30代前半もいます。

既婚者は何のためにメイドカフェに行くのか

既婚者の方のメイドカフェ利用者の方を観察していると、一番多いタイプが「お酒を飲むのが好きな方」だと思います。知らない人もいるかもしれませんが、お酒を飲むことはメイドカフェのメジャーな楽しみ方です。

また、お酒を飲まない方もメイドカフェにはいます。仕事帰りにちょっと落ち着ける場所として足を運ぶのにちょうどよいようです。

既婚者の若い男性が少ない理由の一つはここにあると思います。僕も20代前半の頃は家庭と仕事で忙しく、ようやく自分の時間と多少の可処分所得を手に入れてからメイドカフェに行くようになりました。子育てをされている方はなおさら難しいでしょう。どうぞご家族との時間を大切にしてください。

さて、ある程度家庭が落ち着いてくると、家族と言えどそれぞれが趣味を持って「自分の時間」を大切にしている方が関係が長持ちすると僕は思っています。そうして嗜むものの一つとして、メイドカフェに行くというのは決して悪くないと思います。

メイドカフェを既婚男性におすすめする理由

お酒を嗜む場所、自分が落ち着いて過ごせる居場所としては、メイドカフェ以外にもあるかもしれません。しかし、次の理由で既婚男性にメイドカフェをオススメします。

その1. 値段が比較的安い

独身者に比べたら既婚者は自由に使えるお金は少ないです。メイドカフェの料金設定はチャージを取らないカフェタイプで700〜2000円、チャージ在りバータイプで3000〜5000円、ボッタクリはありません!

夕ご飯を食べる代わりだとしたら、差額は500円〜1000円くらいなのでとてもお財布に優しいです。

ただし、メイドカフェの皮をかぶったボッタクリバーやキャバクラもあるので、一概には言えず、そこら辺はネットの情報や、こちらなどを読んで信用できるお店に足を運ぶことをおすすめします。

その2. 意外と色気がない

夜の街は誘惑がいっぱいです。女性慣れしていない男性には甘い言葉が浴びせられます。ではメイドカフェはどうかと言えば、以外にも色気とは程遠く、夜の街の中でのオアシスのような空間です。

「メイドさんは若い女の子なのになんで?」と思われるかもしれません。その理由は、メイドさんの中身は普通の学生さんや昼はOLをされている女性が多いです。オタクっぽい女の子が多く、二次元のイケメンが好きだったり、かわいい女の子が好きなレズっ気ある方が多いですね。そんな等身大の女の子たちを見てると、おっさんと変わらないなーと思えて安心します。

その3. 比較的マナーが良いお客さんが多い

オタクっぽい人が多いですが、メイドカフェで出会う人は基本的にいい人が多いです。また、お酒を飲むと言っても、泥酔している方はほとんどいません。「メイドさんの前で見苦しいところは見せられない」という心理もあるかもしれません。

また、メイドさんは普通の女の子ですから、下品な振る舞いをする客は嫌がられます。お店はメイドさんを守る必要もあるので、悪質な客を排除し、客と店員と適度に距離を取らせるように工夫しています。

「お客様は神様」という一方的な価値観ではなく、ある程度譲り合いの精神を持っている「ご主人様」「お嬢様」の方が楽しめる空間だと思います。

その4. オタクトークから見識が広がる

メイドカフェのメイドさんは忙しいです。1時間お店にいてメイドさんと話せた時間は5分にも満たないなんてことは普通です。では、その代わりにどうするかというと、メイドカフェではお客さん同士で話ます。

お客さん同士で仲良く話している様子をメイドさんが見ていて和んでいます。メイドさんもメイドさん同士で女の子トークをしていて(多くはちょっとオタクっぽい)、それを見てお客さんも和んでいます。メイドカフェでよくある風景です。

メイドカフェのお客さんはオタクっぽいので、それぞれ何かに対して造詣が深い方が多いです。ロボット、アニメ、映画、歴史、カメラ、ミリタリー等、自分が全く知らなかった世界を教えてくれます。その見識が意外と役に立つと常々思っています。

その5. 若い頃に経験できなかった楽しみを体験できる

メイドカフェは月に数回イベントをやります。ハロウィンやクリスマス会、あるいは外に出てバーベキュー、カラオケ、スカイツリーツアーなどもやることがあります。

行ってみると、メイドさんが2,3人、おっさんが20人という集団になります。しかし、多分おっさん同士ではやらないであろう、ハロウィンの仮装や、バーベキューなどを少数のメイドさんを囲ってやることになります。

僕なんかは比較的早く結婚してしまったので同年代の友達が遊んでいる輪に入ることができませんでした。ここへ来てみんなで花火をしたり、サバゲーをしたり、若い頃にできなかったことを体験できました\(^o^)/

どうやって奥さんを説得するか

メイドカフェが既婚者が行っても問題ない場所であることが分かりました。しかし、奥さんの心配は消えないでしょう。ではどうしたら良いか考えてみました。

その1. 奥さんとメイドカフェに行ってみる

メイドカフェは観光客に人気のスポットです。つまり、遊園地に行く感覚で行くことが可能です。比較的若い夫婦であれば、ノリで「今日のデートはメイドカフェに行ってみよう!」というのもありだと思います。

「メイドカフェでは女性のお客さんは『お嬢様』って呼ばれるんだよ!○○(奥さんの名前)お嬢様だね!」というのもありです。女性は「お嬢様」と呼ばれて喜ぶ方が多いです。

その時に「萌え萌えキュン」系に行ってみるのも楽しいと思いますが、あえて、JAM Akihabaraや橙幻郷のような落ち着いていてご飯が美味しいお店をチョイスすると、奥さんの認識も変わるかも。

橙幻郷は女性のお客さんが比較的多いので奥さんの方がハマってしまうかもしれません。そしたらこっちのものですね!

その2. 「メイドカフェに行ってみた」ことを正直に言う

必ずしも奥さんが行ってくれるとは限らないので、ここはもう、直球で「話題のメイドカフェと言うものに試しに行ってみたよ!意外とご飯が美味しかった今度一緒に行こう」と素直に伝えてみるのも有効だと思います。ご飯の写真などを見せても良いかもしれません。

なお、嫉妬深い奥さんの場合

「私の作る料理なんかより、メイドさんのご飯の方がおいしいんでしょう」

とか言うかもしれませんが、

「なにを言ってるの?君のご飯は最高だよ!」

と褒めるところなので問題ありません。

その3. メイドカフェに行ってもこれまでと変わらないか、これまで以上に奥さんを大切にする

うちの場合はこの作戦でした。その2の作戦で何度誘っても「私は良いや」と言われてしまいましたが、そのうちメイドカフェに行くのが普通に認識されてきたので、いちいち言うのをやめました。

その代わり、ちゃんと家ではしっかり家事を手伝ったり、誕生日や結婚記念日にはプレゼントを忘れないようにしています。メイドカフェでメイドさんと話していると女の人が何を大切にしているのかなんとなく分かってくるような気がします。

そのおかげなのか、うちはこんな感じで夫婦円満です:

ある日、僕の大量のチェキコレクションを見てしまった妻が

「。。。誰が本命なの?」

「何言ってるの?きみに決まってるじゃないか!(真顔)」

「。。。。。私は紫上ね」

「人を光源氏扱いするなー\(^o^)/♥」

何かにつけて「君が好き」「君が一番」って言ってることが増えたような気がします。。。

既婚者がメイドカフェでやってはいけないこと

既婚者にとって、メイドカフェ通いでやってはいけないことがあります。これらは現実的にありがちなので、より注意が必要です。さもなければメイドどうこう以前に夫婦喧嘩の温床となります。

その1. お金を使いすぎる

いくらメイドカフェが安いからと言っても、週5で通って毎日3000円飲んでいたら大変な金額になります。その上、イベントで限定メニューをコンプリートして特典を集めようなどというオタクにありがちなコレクター根性を出すと、大変なことになります。

ついつい他の「ご主人様」がやっているからと自分も見栄を張りたくなってしまいますが、ぐっと我慢することも既婚者の品格として大切です。一回に大量の金額を落とすよりも、細々とずっと足を運ぶことでもお店の人に喜ばれます。どうしてもそれ以上にお店の売上に貢献したければ、友達を連れてくることで貢献することもできます。

その2. 家族の予定よりもメイドカフェイベントを優先する

メイドカフェはイベントが目白押しです!特にメイドさんの「卒業」イベントなど、その時しかない大切なイベントもあります。しかし、何と言っても既婚者にとって一番の推しは奥さんやご家族のはずです!なので、推しの子の大切なイベントとご家族の大切な日が重なった場合は迷わず家族を優先しましょう。そして、行けないことをメイドの子に正直に伝えましょう。メイドさんがいい子であったらそれで怒ったりはしないはずです。

その3. メイドカフェ通いが原因で体を壊す

そもそもアルコールにあまり強くない人がつい飲みすぎてしまって二日酔い、それもメイドカフェでというのはあまりにもかっこ悪いでしょう。金曜日の夜などは気が緩むので要注意です!

また、メイドカフェは深夜にイベントが行われることもあります。しかしいい年して徹夜は体に毒なので、慎みましょう。どうしても参加したい場合は、前日にたっぷり寝ておくなどの対策をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?よくよく読んでみれば、メイドカフェだけでなく、男性が奥さんに認められながら行う趣味の全てに適用できそうな話です。

分別ある大人の男のたしなみとして、メイドカフェを楽しみましょう。

 


コメントを残す