Category Archives: イベント報告

メイドさんと一緒に楽しく学びました!

この記事はメイドアドベントカレンダー2018の17日目です。

今日は、昨日開催された メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナー第4回・涙の卒業編 を紹介します。

このイベントは何ですか?

日本Androidの会秋葉原支部と、日本Androidの会学生部が合同で開催するイベントです。秋葉原支部のおじさんたちによって英才教育を受けたプログラミングメイドさんたちが、先生として登壇し、未来を担う学生たちにITを教える活動を行っています。

このブログでも度々紹介しました。

びっくり!!学生向けプログラミング勉強会でメイドさんが講師に!!

メイドさんと一緒にAndroidアプリ開発を学生に教えてきた

夏は浴衣のメイドさんと一緒にプログラミング!

このようにこれまで3回開催しましたが、秋葉原支部としてのメイドさんの活動が終了するため、今回で涙の最終回ということです。

6年間の活動の集大成

日本Androidの会秋葉原支部では6年前からメイドさんとAndroidの勉強をする活動を続けていました。キーワードは「教えることは教わること、教わることは教えること」「何も知らないメイドさんに英才教育を施し」「知的活動と萌えの融合に挑戦し、学びの哲学を探求する」という活動を続けてきました。

日本Androidの会秋葉原支部では支部長として代々秋葉原のメイドさんが担当していました。

今となっては、メイドカフェノマドやメイドプログラミングなどは一般的になりつつありますが、6年前はもっとメイドとITの文化は距離があるものでした。

メイドカフェでノマド会の代表である筆者も4年前から活動に参加しましたが、この会が存在しなければメイド x ITの可能性を考えることもなかったと思います。

そういう意味では、この会こそメイド x IT界のパイオニアだったと思います。

 

こちらは学びの哲学について熱弁を奮っている秋葉原支部代表代行の小暮さんです。

「ヘンタイ部ではありません!」このスライドが見れるのも最後なんですね(^^;

今回のメイドさん紹介

この日は4人のメイドさんが活躍されました。

日向いくのさん

卯月ほのかさん

鈴峰きりさん

いのりさん

いのりさんは、Androidの会学生部の部長を務める現役の学生さんです。今日だけ特別にメイド服を着てくれました。学生部はこれからも活動していくので、この会の趣旨を継承するという役目も担っています。

また、今回メイドさんが説明するテキストや使用するプログラムも学生部の方が作ってくれました。こちらがスライド作成を担当した星さんです。

メイドさんならではの役割

メイドさんはただシナリオ通りに話すだけではありません。

Androidプログラミングは、各自のAndroid端末とPCを接続する必要があります。それは数多の組み合わせがあり、通り一辺倒に示すことができません。必ずハマります。だから一人ひとりトラブルが起きていないか見て回り、起きていたら一つ一つ解決して行く必要があります。

メイドさんも秋葉原支部、学生部のスタッフと一緒に席を回って見てくれていました。

筆者も4年前に初めてこのイベントに参加し、メイドさんにAndroidプログラミングを教えてもらいました。その時もPCの調子が悪くフリーズしたりしている間も待ってくれて、この勉強会はどの勉強会よりも優しいなって思いました。

先に進んでしまって待っている方も、メイドさんを眺めていれば可愛く癒やされるんでイライラせずに一体感が保てるのでしょう。

また、勉強会にグループで参加される方はグループ内で助け合うことができますが、一人で参加すると、ともすれば孤立してしまって寂しい思いをすることがあります。メイドさんが間に入っていくことによって、そういった孤立を防ぎ、全員が話しやすい雰囲気ができていました。

メイドさんが活躍する姿

あとは、言葉で説明するよりも写真を見ていただいたほうが雰囲気は伝わるでしょう。

事前の練習の甲斐があって、4人ともとても素晴らしい説明でした。プログラミングコードを前にして平然と解説するメイドさんは素敵で格好良いです!

まとめ

メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナー第4回・涙の卒業編とは

  1. 日本Androidの会秋葉原支部と学生部のコラボイベントである
  2. 秋葉原支部ではメイドさんとともに学びの哲学を探求する活動を6年間続けてきた
  3. メイド x ITイベントとしてはおそらく元祖である
  4. これまでに3回やっていて、今回が最後である
  5. 資料や課題プログラムは学生さんたちが作った
  6. Android開発のセミナーには環境トラブルがつきものなのでサポートが必要
  7. メイドさんが席を回ってトラブルが起きていないか見てくれていた
  8. メイドさんの説明は上手で、活躍する姿はかっこ良かった

今回で最後なのは寂しいですが、終わりがあるものは美しいです。メイドさんたちがAndroidセミナー講師として活躍した姿は大勢の記憶に留められていくでしょう。そして、今後活動の意志は日本Androidの会学生部さんが受け継いでくれるでしょう。

また、手前味噌ですが私が運営するメイドカフェでノマド会もメイドさんが参加するIT系のイベントコミュニティということで多くを学ばせて頂きました。今後の活動に生かして行きたいと思います。


秋葉原支部のメイドさんが愛用していた指差し棒「おともだち」を学生部のいのりさんに引き継いでいるところです。

日本Androidの会学生部について

日本Androidの会学生部はNPO法人 日本Androidの会を母体とした支部であり、本会の方々からの支援を受けながら学生が運営しています。「”Android”だけにこだわらず、ビジネス系・技術系・デザイナー系の学生が集まり、切磋琢磨していく場所」を作っているということです。入部資格は「学生であること」のみで、入部はWebサイトから行えます。

活動内容などはWebサイトを御覧ください。


メイドカフェでノマド会にメイドさんがいる理由

この記事はメイドアドベントカレンダー2018の1日目です。

こんにちは、メイドカフェでノマド会代表のいしがみプロです。

ノマド会になぜメイドさんがいるのか

メイドカフェでノマド会は2016年11月より、80回以上イベントを開催しました。そんなある日、こんなことを言われました。

「僕はいしがみさんのように女の子の友達がいません。どうやったらいしがみさんみたいにメイドさんを集めてイベントをやることができるでしょうか?」

ちょっと待って!(゚∀゚)僕もそんなに女の子の友達いません><

わかりました。なぜ、ノマド会にメイドさんが所属しているのかお答えします。その話をすることで、コミュニティが育っていく一つの側面が見えるかもしれません。これからコミュニティを作りたいと思われている方の参考になるのではないかと思います。

(それとともにあらぬ誤解を僕が受けることを防げればいいなあ😅)

始めは僕一人で始めたイベントだった

そもそもメイドカフェでノマド会を始めたとき、メンバーは僕一人でした。僕はメイドカフェでノマドワークをすることは素晴らしいと思っていました。そして同じように思う人は他にもいるだろうと考えました。そこで、僕がメイドカフェで作業しているとき「一緒にやろう!」という呼びかけたら、そんな人が来るのではないか?と考えました。

メイドカフェで出会った仲間数人に計画を話したりしましたが、全員男です。メイドさんにも相談しましたが、知っているのはお店で出会ったメイドさんで、お店側の窓口として相談するくらいでした。

ある日、メイドカフェで隣の女性客から声をかけられる

ノマド会を初めて2ヶ月あまり、2016年の冬コミ帰り(笑)友達とメイドカフェに立ち寄ってメイドカフェ論を語り合っていた時です。

「ちょっとお尋ねしますが、秋葉原でおすすめのメイドカフェはどこですか?」

隣の席の女性客から突然声をかけられました。こういうことはメイドカフェではまれにあります。(;・∀・)

聞くとその女性は大阪から遠征してきていて、ご自身もメイドカフェでよく作業をされているようです。ノマド会のこともご存知でした。それが後にノマド会メイドさん第一号となる、あやらさんとの出会いです。

大阪でイベントやるときは是非声をかけてと言われました。それがすぐに実現することになります。年が明けて3月に自分の勤める会社で社員旅行に行きました。行き先がなんと大阪でした。大阪に行ったならメイドカフェに行かなければもったいない!どうせメイドカフェに行くならノマド会をやろう!ということでノマド会の大阪初開催をした際、あやらさんには、現地のお店と繋いでいただくなど多大なるご協力をいただきました。

あやらさんが東京遠征の際にメイドさんをしてくれた

その後、今度はあやらさんが東京に来られる用事がありました。その際に自らメイドさんとしてノマド会でお給仕してくれるとおっしゃるのです!その頃にはノマド会も参加人数が増えており一度に10〜20人集められるようになっていました。これならレンタルカフェを借りてイベントを行うこともできます!

メイドさん一人では大変なので、助っ人として、関東に住むあやらさんのお友達、まやさんを紹介してくれました。

こうして実施されたのが、このイベントです。

第1回メイドさんの居るノマド朝会@あやらて

2人ともメイドさんとしての能力は高くとても助かりました。僕はメイドカフェの運営経験はありません。あやらさん、まやさんの2人のアドバイスをたくさんもらってこの時決めたことがその後のノマド会に踏襲されています。メイドさんのお給仕報酬なども、この時彼女らと話して決めています。

Twitterで初スカウト

思いの外、独自運営メイドノマドカフェが好評だったので、もっと繰り返し開催したくなりました。しかし、このままでは、あやらさんが東京に遠征されるタイミングでなければ開催できません。

そんな中、Twitterを見ていたら気になるツイートを見かけました。ざっくり要約するとこんな感じでした「事情により店舗のシフトには入れないけどたまにはメイドさんしたいな〜、誰かレンタルカフェでの限定イベントやるなら手伝いたいな〜」

早速DMを送ってお誘いしたのが、現在定時後の自習室で大変お世話になっているひめこさんです。

誘ったからには無料にしたかったので「いざとなったらメイドさんします」枠をつくりました。「メイドさんが体調不良や、交通機関のトラブルでお給仕できなくなってしまった時、代わりにメイドさんをしてくれる人は一名無料にします!」という枠です。

いざとなったら枠の効果でメイドさん増加

「いざとなったらメイドさんをやります」枠には意外な効果がありました。この枠に飛び込んできた女性の方がいたのです。

最初に「いざとなったら」枠に申し込んでくれたのがレロさんです。レロさんは大学院でメイドカフェの社会学を研究されています。まだメイドさんをしていただけていませんが、いずれお願いしたく思います。

次に「いざとなったらメイドさん」に枠に入ってくれたのがもえさんです。もえさんは最初は参加者としてノマド会に参加いただきました。昔メイドさんをやっていたとおっしゃっていたので、次回は「いざとなったら」枠をおすすめしました。しかもその際は実際に「いざとなって」メイドさんをしていただきました。

こちらとしても、無料にできるのでお誘いしやすいです。由季さんも同じように最初は参加者としてノマド会に参加してくださった方でした。「いざとなったら枠にどうですか?」とお誘いしたのをきっかけにメイドさんになっていただきました。

「元メイドさん」でノマドな方は結構いる

あやらさん、ひめこさん、もえさん、由季さんには共通点があります。彼女たちは元メイドさん(あやらさんは現在は現役のメイドさんです)で、しかもPCを使いこなし、ノマドワークをなさっています。

元メイドでITに理解がある、ノマドなメイドさんは結構いらっしゃるのかもしれません。彼女らはメイドさんとしての能力が高いだけでなく、ガジェットやプログラミングの話題ができ、一般のメイドカフェのメイドさんよりもノマド会の参加者とにとって接しやすいところが魅力です。

この「参加者経由でメイドさんをしていただく」という方程式はピッタリハマりました。しかし、問題点もあります。彼女らには本業があり、ご多忙な日々を過ごされています。ということは、人数がいる割に予定を合わせられる日が少なめです。

僕はそれで良いと思っています。別に営利目的のイベントでもないので、メイドさんに合わせてイベントをやれれば良いです。

メイドさんを公募に踏み切る

しかし、ふと、あることに気が付きました!

「同じ条件の人は結構いるのではないか!」

同じ条件というのは、次のとおりです。

  1. 元メイド or メイドカフェに興味がある
  2. ノマドワーク or IT系に通じてる
  3. ご多忙で店舗のシフトに入ることは難しいが、予定が合えばメイドさんをしてもいいと思っている

この条件の人は多い方が補い合うことで予定が調整しやすくなります。また、一般のメイドカフェのように「シフトに入れない」と不満を言われることもありません。なにより、参加者として参加していただける可能性もあります!

そして、ノマド会として初めてメイドさんを公募しました!

メイドカフェでノマド会メイドさん応募フォーム

(今も応募受け付けてます!)

気づいたらメイドさんがたくさん\(^o^)/

メイドさんとして応募してくださってノマド会のメイドさんになってくださったのが、エミルさんと翔さんです。

あやらさん、まやさん、ひめこさん、レロさん、もえさん、由季さん、エミルさん、翔さん。。。気がついたら8人もメイドさんがいます!

コミュニティ形成の王道

こんな素敵な方々に短期間に出会えたことは奇跡だと言ったら大げさでしょうか?実際、2年前にはこの中の誰一人とも面識がありませんでした。

ただ逆に言えば彼女らはメイドカフェやIT関係に通じているという共通点があります。これが、コミュニティのあり方だと思います。コミュニティとは「まだ出会っていない、出会うべき人同士が出会う場所」と言えるのではないでしょうか!

自分は後から気づきましたが、コミュニティ構築には王道があると思います。

まず自分を起点にします。

  1. 僕は○○が好きだ
  2. 僕みたいな人は他にも居るだろう
  3. 僕みたいな人はどうやったら見つけられるだろう。

これをよく突き詰めていくと、いずれ協力者が現れます。

  1. 特定の協力者の話をよく聞く
  2. 同じような人は他にもたくさん居るのではないか
  3. どうやったら同じような人は見つけられるだろうか

このように、一人の人、特定の人、そして不特定へとコミュニティの輪が広がっていきます。

あとから考えて、メイドカフェでノマド会はこんな感じで人を見ながらコミュニティ運営ができたのだと思います。

まとめ

メイドカフェでノマド会にメイドさんがいるのは次の流れによります。

  1. いしがみにはプライベートにメイドさんの知り合いはいなかった
  2. イベントをやっていたら趣旨に賛同してくれる女性の方が現れた
  3. 賛同者の女性の方がメイドさんを申し出てくれた
  4. 「いざとなったらメイドさんをします枠」を設置したら、主に参加者の方からメイドさんになってくれる方が複数現れた
  5. 「同じような条件の方はいるだろう」と想像し一般公募に踏み切った

集めたは良いけど

さて、メイドさんが集まったは良いですが、集めるだけでは不十分です。

集まったメイドさんたちがスムーズにお給仕していただけるように、考えたこと、気をつけたこともたくさんあります。それを語るには、ちょっとこの記事は長くなってしまったので、次回にしたいと思います。

次回:「メイド好きがメイドさんをまとめる立場になってしまった時に気をつけたこと」をご期待下さい!\(^o^)/


2017年度会計報告

少し遅くなりましたが、2018年あけましておめでとうございます。

さて、2017年度(2017年1月1日 – 2017年12月31日)までのノマド会の会計が締まりましたので、報告をします。

会計報告

年間の収入は196,560円、支出は172.504円でした。

差額の24,056円は2018年度の活動費として繰越しします。

詳細な金額を公にしてしまうと、各店舗との個別の契約内容を公にしてしまいお店に迷惑がかかってしまうため、インターネットには公開していませんが、運営の詳細を隠す意図はありませんので、関係者の方で見たい方はご連絡ください。