Category Archives: イベント報告

メイドさんと一緒に楽しく学びました!

この記事はメイドアドベントカレンダー2018の17日目です。

今日は、昨日開催された メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナー第4回・涙の卒業編 を紹介します。

このイベントは何ですか?

日本Androidの会秋葉原支部と、日本Androidの会学生部が合同で開催するイベントです。秋葉原支部のおじさんたちによって英才教育を受けたプログラミングメイドさんたちが、先生として登壇し、未来を担う学生たちにITを教える活動を行っています。

このブログでも度々紹介しました。

びっくり!!学生向けプログラミング勉強会でメイドさんが講師に!!

メイドさんと一緒にAndroidアプリ開発を学生に教えてきた

夏は浴衣のメイドさんと一緒にプログラミング!

このようにこれまで3回開催しましたが、秋葉原支部としてのメイドさんの活動が終了するため、今回で涙の最終回ということです。

6年間の活動の集大成

日本Androidの会秋葉原支部では6年前からメイドさんとAndroidの勉強をする活動を続けていました。キーワードは「教えることは教わること、教わることは教えること」「何も知らないメイドさんに英才教育を施し」「知的活動と萌えの融合に挑戦し、学びの哲学を探求する」という活動を続けてきました。

日本Androidの会秋葉原支部では支部長として代々秋葉原のメイドさんが担当していました。

今となっては、メイドカフェノマドやメイドプログラミングなどは一般的になりつつありますが、6年前はもっとメイドとITの文化は距離があるものでした。

メイドカフェでノマド会の代表である筆者も4年前から活動に参加しましたが、この会が存在しなければメイド x ITの可能性を考えることもなかったと思います。

そういう意味では、この会こそメイド x IT界のパイオニアだったと思います。

 

こちらは学びの哲学について熱弁を奮っている秋葉原支部代表代行の小暮さんです。

「ヘンタイ部ではありません!」このスライドが見れるのも最後なんですね(^^;

今回のメイドさん紹介

この日は4人のメイドさんが活躍されました。

日向いくのさん

卯月ほのかさん

鈴峰きりさん

いのりさん

いのりさんは、Androidの会学生部の部長を務める現役の学生さんです。今日だけ特別にメイド服を着てくれました。学生部はこれからも活動していくので、この会の趣旨を継承するという役目も担っています。

また、今回メイドさんが説明するテキストや使用するプログラムも学生部の方が作ってくれました。こちらがスライド作成を担当した星さんです。

メイドさんならではの役割

メイドさんはただシナリオ通りに話すだけではありません。

Androidプログラミングは、各自のAndroid端末とPCを接続する必要があります。それは数多の組み合わせがあり、通り一辺倒に示すことができません。必ずハマります。だから一人ひとりトラブルが起きていないか見て回り、起きていたら一つ一つ解決して行く必要があります。

メイドさんも秋葉原支部、学生部のスタッフと一緒に席を回って見てくれていました。

筆者も4年前に初めてこのイベントに参加し、メイドさんにAndroidプログラミングを教えてもらいました。その時もPCの調子が悪くフリーズしたりしている間も待ってくれて、この勉強会はどの勉強会よりも優しいなって思いました。

先に進んでしまって待っている方も、メイドさんを眺めていれば可愛く癒やされるんでイライラせずに一体感が保てるのでしょう。

また、勉強会にグループで参加される方はグループ内で助け合うことができますが、一人で参加すると、ともすれば孤立してしまって寂しい思いをすることがあります。メイドさんが間に入っていくことによって、そういった孤立を防ぎ、全員が話しやすい雰囲気ができていました。

メイドさんが活躍する姿

あとは、言葉で説明するよりも写真を見ていただいたほうが雰囲気は伝わるでしょう。

事前の練習の甲斐があって、4人ともとても素晴らしい説明でした。プログラミングコードを前にして平然と解説するメイドさんは素敵で格好良いです!

まとめ

メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナー第4回・涙の卒業編とは

  1. 日本Androidの会秋葉原支部と学生部のコラボイベントである
  2. 秋葉原支部ではメイドさんとともに学びの哲学を探求する活動を6年間続けてきた
  3. メイド x ITイベントとしてはおそらく元祖である
  4. これまでに3回やっていて、今回が最後である
  5. 資料や課題プログラムは学生さんたちが作った
  6. Android開発のセミナーには環境トラブルがつきものなのでサポートが必要
  7. メイドさんが席を回ってトラブルが起きていないか見てくれていた
  8. メイドさんの説明は上手で、活躍する姿はかっこ良かった

今回で最後なのは寂しいですが、終わりがあるものは美しいです。メイドさんたちがAndroidセミナー講師として活躍した姿は大勢の記憶に留められていくでしょう。そして、今後活動の意志は日本Androidの会学生部さんが受け継いでくれるでしょう。

また、手前味噌ですが私が運営するメイドカフェでノマド会もメイドさんが参加するIT系のイベントコミュニティということで多くを学ばせて頂きました。今後の活動に生かして行きたいと思います。


秋葉原支部のメイドさんが愛用していた指差し棒「おともだち」を学生部のいのりさんに引き継いでいるところです。

日本Androidの会学生部について

日本Androidの会学生部はNPO法人 日本Androidの会を母体とした支部であり、本会の方々からの支援を受けながら学生が運営しています。「”Android”だけにこだわらず、ビジネス系・技術系・デザイナー系の学生が集まり、切磋琢磨していく場所」を作っているということです。入部資格は「学生であること」のみで、入部はWebサイトから行えます。

活動内容などはWebサイトを御覧ください。


#メイドプログラミング スクールこと「Made in Maid Family」参加レポート

2017年9月16日 渋谷にメイドプログラミングスクール開校

「世界初! メイドさんと一緒に成長できるVR開発の為のプログラミングスクール」Maid in Maid Family が9月16日開校しました。

メイドさん x ITを絡めた勉強会としては、Androidの会秋葉原支部・橙幻郷のコラボレーションに続くもので、定期開設の教室としては「世界初」でしょう。開校以前からメディアへの露出も多く会ったため、海外からの反応もあるようです。ムーブメントですね。

日頃メイドカフェでノマドワークをしている自分の元にも情報が入っていたので、開校当日、参加してきました。

ビル休日用通用口から601を呼び出して入る

  

JR渋谷駅新南口近く。サイトに記された会場に行くと、ビル(一階は郵便局)の入口が閉ざされていました。休日は裏の通用口から入るそうです。このように案内は立てられていましたが、ドアは開いていません。「601」で呼び出しをして開けて貰う必要があります。エレベーターで6階に上がって左側に教室の入り口があります。

「おかえりなさいませ先輩」

メイドさんは「一緒に勉強をする同級生」という設定なので、「おかえりなさいませ先輩」ということになるそうです。受付をして、名札を書いてむねに付けます。取材も入っている関係で「写真に写ってもいいよ」という人は名札に印の花を付けます。

教室はお座敷タイプで靴を脱いで上がります。「メイドさんが畳に座っている」という、メイドカフェファンとしては落ち着かない光景です。(飲食店であるメイドカフェでは、風営法の関係でメイドさんは決し座ることはない)

  

コワーキングスペース利用者はお座敷で、スクール生徒は周囲の机席に座ります。椅子にはメイドさん用の印がありそれ以外の席に座ります。

メイドさんとVR体験

VRをスクールのテーマとしていて、ヘッドセットを装着してVR体験をすることができます。メイドさんが「2次元」ではなく、異次元世界に行ってしまっていました\(^o^)/

 

初回はプログラミングせず、STYLY というWebサービスを利用してVR空間を自作することを学びます。

 

いしがみ作「VRでノマド会」

STYLYの操作は簡単ですが、上下左右、前後、拡大縮小、回転、複雑な物体の操作をしなければならないため、結構複雑です。

「これはどうするのかな?」「ああ、こうすのか?」

と自分で見つけたり、周囲の「先輩」に教えてもらったりしてなんとか独自の空間を作ってみます。

そうこうしていると、隣のメイドさんが「これどうするの?」と聞いてきます。さっき自分が苦戦したばかりのところなので、「こうやるんだよ」と教えてあげたり一緒に考えたりすることができます。

  

ちゃんと勉強できましたよ!

「メイドさんのいる場所」には素晴らしい人が集まる法則

コワーキングエリアで何やら盛り上がっています。この日は未来研究をしている先生や、ビットコインの技術者など、個性的な方が集まっていました。メイドさんの周りで、週末に技術的な談笑をする。ときにはメイドさんそっちのけで話に夢中になってしまいました。

 

これは私達「メイドカフェでノマド会」にもある特徴ですが、なぜだか「メイドさんがいる場所に集まるIT関係の人は素晴らしい人が多い」ということがあります。これは何故だか分かりませんが、新しいことに対する探求精神が旺盛なのかもしれません。

仕事できたかと言うと……?

この日コワーキングでは参加者同士の談笑が楽しすぎて、事務作業という感じではありませんでした。土曜日だったこともあるでしょう。ノマド会でも平日の昼間はガチで仕事をしていますが、夜や週末に開催する時は談笑が中心になります。ノマド会との違いは談笑にメイドさんが入ってくることでしょう。

「コワーキング」という名前が適切なのかは分かりませんが、週末にIT関係者が集まるサロンとして良いと思います。

なお、こちら「メイドカフェでノマド会」としては、「仕事ができない」となってしまうと存在意義が瓦解してしまうため、平日昼開催のメイドカフェでノマド会は集中して仕事ができる空間としてのコンセプトを大切にしています。

今後に期待すること

 

 

プレスリリースでは

GIFTED AGENT株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:河崎純真)は、就労移行支援施設GIFTED ACADEMYの利用者を主体としたプロジェクト「MadeInMaidFamily(メイド・イン・メイド・ファミリー)」を開始いたします。」

とありましたが、会社の事業というよりは関係者一人ひとりが手作りで運営をしているように見えます。まだ始まったばかりなので、運営方法などは参加者の意見を聞いて、改善をしていく途上でもあるでしょう。僕もメイドさんの自己紹介があった方がいいのではないかなど提案をさせていただいたので取り入れられているかもしれません。

10月からは参加費が3000円となり、 10/07(土)、10/14(土)、10/21(土)、10/28(土)と毎週開催することも決まっているようです。参加申し込み画面へは公式サイトで「イベント情報」をクリックして進むことができます。

メイドさんは、現役のメイドさんや経験者というわけでもなさそうです。ここらへんは、現役のメイドカフェ勤務者としてプライドの高い「メイドさん」から見たら歯がゆさもしれませんが、毎週参加者に接して行くことによってメイドさんとしての能力も磨かれていくのでしょう。

世間では「メイド」というと怪しい、アンダーグラウンドなイメージがあって、メイドさんやメイドカフェファンは冷たい目を受けることもありますが、若者とIT文化の中心である「渋谷」の地で「メイドイベントをやってみるか!」と企画して実行できてしまったことは、時代が変わってきていると思います。

IT系の人たちは先見性があって偏見がないので、女性の方はメイド服を着ることが「恥ずかしい」ことではなく「可愛い」「憧れ」のメイド服を着ることを楽しんでいるように見えることはとても良いことだと思います。

ノマド会は勉強会イベントをやらないのか

メイドカフェでノマド会も、11月から12月頃を目処に勉強会イベントの準備をしています。

こちらは「メイドさん」ではなく「メイドカフェ」にリスペクトしているので、違った切り口にはなると思います。例えば、メイドさんは「現役」または「元ベテランメイド」であることにこだっていますし、既存のメイドカフェ店舗を応援するために必ずメイドカフェ店舗を絡めて企画する予定です。

メイドさんがいる空間は「楽しい」です。しかし、あえて「楽しい」ことを強調せず「仕事が集中できる空間」としているのがこちらのコンセプトです。メイドさんには極めて真面目な感じにお給仕してもらいます。

メイドカフェには「萌え萌えキュン」や「クラシカル系」「魔法」「戦国」など様々なコンセプトがあります。メイド x ITでも、「楽しい」系と「真面目」系のバリエーションがあって良いと思っています。

文化の発展にはバリエーションと多様性が必要です。メイドプログラミングスクールと、メイドカフェでノマド会、それぞれの道を突き進み、互いに切磋琢磨して良い文化が作れていけることを強く望んでいます。


夏は浴衣のメイドさんと一緒にプログラミング!

すっかり恒例になった、メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナーにスタッフとして参加してきました。

前回の報告はこちら

夏らしい衣装のメイドさんの活躍

今回はいつものメイド服ではなく、浴衣姿のメイドさんが登場!日本の夏らしいですね!

今日のメイドは、ひなさん、ほのかさん、きりさんの3人です。

   

可愛いだけじゃない、メイドさんの大活躍

レイアウトとプログラムの書き方を説明するひなさん

 

Webのしくみについて説明するほのかさん

 

 

Web API を使ったマッシュアップアプリを作るという実用的なアプリづくりをせつめいする、Androidの会秋葉原支部長きりさん

 

 

学生さんたちの活躍

日本Androidの会学生部の方たちと共同開催も今回で3回、スライドは前々回のこの会に初めて参加したことをきっかけに学生部に入部した茶山さんによるものでした。

事前リハーサルの様子
事前リハーサルの様子、左:スライド作者の茶山さん、右:学生部部長の古川さん

学生部の学生さんたちもサポート役として活躍しています。若い学生たちが中心に活動してくれるので、秋葉原支部のおっさんは出る幕がないんじゃないかとすら思ってしまいました。

ずっと秋葉原支部が探求してきた「教えることは教わること」というコンセプトが学生部の皆さんに引き継がれているようです。

「教えることは教わること」のコンセプトを熱弁する秋葉原支部小暮さん

メイドさん x プログラミングはもう当たり前です!

前回前々回とやってきて、個人的にはもはやメイドさんがプログラミングを教える光景は当たり前すぎるように感じています。

一方、今回、雑誌の取材の方がいらっしゃっていましたし、僕が主催しているメイドカフェでノマド会でも、メディアの方から取材をしていただくようになってきていて、メイドさんがITの分野で活躍する姿が、ようやく広く伝えられ初めているようです。

世間の方々は「メイドさんを使う」という奇をてらって、エンターテイメント的に活動しているのではないかと思われるかもしれません。そういう気持ちで参加されることももちろんOKだと思います!ですが、もし、それだけであるなら何回もやるうちに「飽きた」と言って忘れ去られてしまうのではないでしょうか。

メイドさんは確かに一流のITエンジニアではないし、テキストも別の人が作っています。でも、参加者の方たちが真剣に説明を聞いている姿を見れば、「教える」というスキルについては、我々現役のエンジニアをも超えているのは間違いありません。

まじめに説明を聞く参加者のみんなの様子
まじめに説明を聞く参加者のみんな

たった数時間のセミナーでは説明できることは限られています。でも、この勉強会は、他のどの勉強会よりも丁寧に、参加者一人一人をサポートしていると思いますし、メイドさんが教えてくれるので、最後まで脱落せずに楽しく学ぶことができます。

いずれ、学生の彼らが社会に出て、中堅、ベテランになって、後続に教える立場になるでしょう。その時きっと「教育の難しさ」に直面するはずです。なぜなら、一度わかってしまた人はわからない人のことが分からないからです。そんな時「プログラミングを教えるメイドさん」の姿を思い出してみてください。きっと何かのヒントになるはずです。

学び続ける未来とメイドさんの好奇心

今、プログラミング教育は大変注目されていて、書店に行けば小学生からのプログラミングのような本は目白押しです。また、ITとは関係のない職業の方々も、プログラミングを勉強してみたいと思う方が増えています。

プログラミングに限らないとすら思います。いずれ平均寿命100年の時代が訪れると言われ、その時には、学生のときだけ学び、一つの仕事だけをして人生を終えるのではなく、いくつになっても常に学び続けていくことが当たり前の世の中になると言われています。

そのときには「学ぶ」ということのイメージは変わっているべきだと思います。

 

好奇心旺盛な「メイドさん」に教え、教えてもらう、という方法は自然にありえる学習スタイルだと思います。

今後も続けて行きたく思います。

株式会社ヴァル研究所さんに感謝!

今回もヴァル研究所の会議室を会場として使わせていただきました。また、今回はフードスポンサーも引き受けてくださいました。いつもありがとうございます!

僕も駅すぱあとをスマホに入れています!

開発部長、新井さん

この大量のピザは食欲旺盛な学生さんたちによって、1時間以内に消費されました\(^o^)/たのしー