メイドさんと一緒にAndroidアプリ開発を学生に教えてきた

今年もメイドさん講師が活躍!

3月18日に日本Androidの会秋葉原支部・学生部コラボイベントが開催されました。

メイドさんと一緒に楽しく学ぶAndroidアプリ開発入門セミナー Web API編

このブログでは同シリーズを度々紹介してきました。前回の様子はこちらの記事で紹介しています。

びっくり!!学生向けプログラミング勉強会でメイドさんが講師に!!

今回は前回の発展編としてWeb APIをテーマとしていました。

Web API って何?

Androidなどのスマートフォンはインターネットに接続しているのでインターネット上のサービスとデータの連携をすることができます。この時使う仕組みが「Web API」です。

Web APIを使うとどんなサービスと接続することができるのか、メイド講師のほのかさんに教えてもらいましょう!

今はWeb APIを提供していないサービスのほうが少ないくらいだそうです!TwitterやGoogle, Facebook, LINEなど主要なサービスはもちろん、日本では今回の会場を提供していただいたヴァル研究所さんの「駅すぱあと」、IT勉強会予約サイトの Connpass もWeb APIを提供しています。

例えば、自作のアプリから直接Twitterでつぶやきたいってときも

「それ、Web APIでできるんです!」

みなさんがスマートフォンに入れているほぼすべてのアプリは、何らかの目的でWeb APIを使っています。つまり、Web APIはすべての人が使っていると言って間違いありません。今回勉強会に参加した学生のみなさんがアプリ開発会社に就職してプログラマーになったとしたら、ほぼ間違いなく Web API を使うアプリ開発に関わることになる、とても大事な技術なのです!

ところで今回の参加者は「一度でもいいのでAndroidアプリ開発をしたことがある学生さん(授業やイベントなどでも可)」ということで、全くの初心者ではありません。それでは、そんな入門以上レベルの皆さんに「Web APIを使うアプリを作ったことがありますか?」と聞いてみましょう。

し〜ん。。。

みんな経験0のようです!

大丈夫です!今日あなた方は経験することができます。

今回は3部構成

今回は3部構成で、3人のメイドさんがそれぞれの章を説明してくれました。

  • 第1章: Web API って何(担当メイド:ほのかさん)
  • 第2章: 基本を学ぼう(担当メイド:きりさん)
  • 第3章: アプリを作ってみよう(担当メイド:ひなちゃん)

(左から、きりさん、ほのかさん、ひなちゃん)

ほのかさん、きりさんは前回も登場したおなじみのメンバーですね!第3章のひなちゃんは学生部のメンバーの現役大学生で今日はメイドさんの姿になって説明してくれました!

第1章、ほのかさんの笑顔で癒される

トップバッターは可愛い笑顔とちょっと大人の優しさを備えたほのかさん、こんな先生が学校にいたら人気ナンバーワン間違いないです。

Web APIとは何か?Web APIで何ができるのか?を説明してくれました。

一気に場の空気が和んだまま、2番手きりさんにバトンタッチします。

第2章、難しいことを一生懸命説明するきりさん

今回の2章は「並列処理」という難しいことを扱います。

まずは、サンプルプログラムの動かし方を説明するきりさん

   

いつもはここで各参加者のトラブルシューティングが必要で、サポートスタッフが駆け回るのが恒例でしたが、今回は全員経験者ということで、ほとんどトラブルがなくすんなりと進んでしまいました。(Android Studioのバージョンが古かった方がいて、再インストールを指示したことによってダウンロードに時間がかかっていましたが、すぐに追いつくことができました)

ところで、今回のスライドは、日本Androidの会学生部部長の古川さんの手によるものです。当日は画面脇でメイドさんたちを見守っています。

さて、いよいよアプリでWeb APIを使う上で最も重要な話をきりさんがします。

 

「同期タスク」「非同期タスク」って日常では聞かない言葉ですよね。古川さん作のスライドでは自動車の1車線・2車線道路に対比して説明しています。

「もし、1億年かけて宇宙の真理を解くプログラムがあったら待てますか?」

「きみのためなら待てる!」

などという冗談はさておき、さらにプログラムコードの説明に入ります。普通の女の子ならチンプンカンプンのはずのプログラムコードをすらすらと説明していく姿はかっこいいです。

        

プログラムの説明をしたら、みんなのPCでプログラムを打ち込んでいきます。

メイドさんたちも、みんなの席を回って困っている人がいないか見ています。僕も何人かサポートしましたが、文字を打ち間違えることによって動かなくなっていた方が数名いました。Web APIは簡単で便利ですが、プログラムと違ってURLを間違えてもコンパイルエラーにならないし、1文字でも間違えると全く動かないので、通常のプログラムよりさらに、トラブル時の解決力が問われます。

これはプロでも苦労することです。トラブルになったときは、ドキュメントやエラーメッセージを注意深く読まなければなりません。なので、募集サイトにも書かれている「プロフェッショナルな現役プログラマ」のの声として、一部の参加者には「今回はこうしてくださいって言っているけど、実際はドキュメントをよく読んで、利用規約も含めてすべてを理解しないとWeb APIの利用は難しいんだよ」と厳しい話をしたりしました。

ともあれ、全員プログラムを動かすことができました!きりさん、ほのかさんお疲れ様です。

第3章、初めてなのに素敵なメイドのひなちゃん

休憩に引き続いて、今日始めてメイドさんの姿になる、一日メイドのひなちゃん登場です!

ひなちゃん

メイドオタクの僕に言わせると女の子にメイド服だけ着させても本物のメイドさんではないと思っているのですが、ひなちゃんはとってもメイドさんらしかったです。一日限定と言わず、是非メイドカフェでお給仕して欲しいです。

学生部メンバーとして活動しているためか、講師としての教え方も上手でした。

この章は「教える」というより「一緒に作る」ステップです。

一緒に駅から近くのメイド喫茶を検索するアプリを作ります。

位置情報を扱うので、緯度・経度などのデータを扱います。

今回は「駅すぱあとAPI」と「Google Place API」を組み合わせるます。このように複数のAPIを組み合わせて新しいものを生み出すことを「マッシュアップ」とも呼んだりしますが、Web APIを使う醍醐味です。

「ここはどうしたら良いですか?」

参加者に質問をしながら説明をするひなちゃんと、真面目に聞いている学生たち

みんながプログラムを入力している間、自ら席に回って見て回るひなちゃん

みんなアプリが作れたところで、ドキュメントを読むことの大切さや、今後の拡張の進め方など、とても大事な話をしてくれるひなちゃん大先生!

ほのかさん、きりさん、ひなちゃん、参加者の学生の皆さん、ここまでお疲れ様でした!

今回の総括

今回の参加者は全員がアプリからのWeb API経験が0だったので、参加した価値は提供できたと思います。

レベルとしては今までよりも高度な内容でしたが、メイドさんの講師能力が上っていたこと、学生部古川部長の作成した資料が良かったこと、参加者の学生のレベルが高かったことから、いつも以上にスムーズに全体を終わることができました。

その分スタッフ陣としては、今までのようにトラブルシューティングにつきっきりということがなく、やや手持ち無沙汰感が出てしまっていたのが反省点だと思います。「メイドさんと楽しく」というコンセプトの他に「現役のプロと交流できる」「学生部の優秀な学生」というメリットを提供するためにはもっと工夫ができたかもしれません。

もう一つ良いと思った点は、発表が終わったメイドさんが、参加者の席を回って見てくれている場面が多く見られたことでした。

前に立って説明することはとても疲れることなので、発表が終わったら休みたかったと思いますが、率先して参加してくれる姿がとても素敵でした。

 

 

今後について

次は夏に開催される予定とのことです。これからも、このブログはメイドさんのITの挑戦を応援したく思います!

 

 


転職しても、僕は元気です\(^o^)/

以前の記事「メイドカフェ通いが理由で会社を辞めることになりました」では大変反響をいただきましたが、そんな僕も転職後して2ヶ月経ったので、今どうなったかのことを書こうと思います。

株式会社ビープラウドに入社しました

去年の12月からビープラウドのメンバーになりました!

この会社はPython1)Python : プログラミング言語の一つ。非常に簡潔にプログラムが書けることから、初心者からプロまで愛好家が多い。海外ではGoogleも採用するなど、利用例が多いが、日本では業務での利用はそれほどでもなかった(などというとマサカリが飛んできそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)最近は機械学習など、人工知能・データサイエンス系の用途での利用が盛んで、急激に人気が上昇しつつある言語。ちなみに僕は全く使ったことがありませんでした。haruoさんいわく「いしがみさんなら大丈夫大丈夫!今できる言語との差分を学ぶだけでできますよ!」と言われてしまったので、期待に答えるべく、入社前に1ヶ月休める期間があったので一気に勉強しました。www というプログラミング言語界隈では有名な技術集団です。ご存じない方はこちらを見れば雰囲気がわかるかもしれません。(レッドブルが飲める!www)

最近はconnpassというIT勉強会3)IT系勉強会: ITエンジニア(主にWeb系に多い)の人たちは業務後や土日に会社を超えて集まって、最近の技術動向などの情報交換を欠かさない。「勉強会」とは名ばかりで人が集まってビール飲んでワイワイやってるだけという場合もあるけど、主目的は会社を超えた横のつながりを作ることでもあり、勉強会がきっかけで転職する例は多いので、馬鹿にできない。予約サイトを運営している会社と言ったほうが有名かもしれません。

また、BPStudy2)BPStudy: 毎回違ったテーマで2人程度の著名なエンジニア・IT企業経営者が話をする。テーマの範囲は広く、プログラミング技術にとどまらず、法律、健康などがテーマになることもある。最近では機械学習やブロックチェーンなどが話題のテーマも。という勉強会を10年前から毎月開催している、「IT系勉強会」の老舗です。IT系勉強会で「○○Study」という形式の名前の勉強会はよくありますが、ここがそのルーツのようです。

ちなみに、僕はここでこんなLTをしたことがあります!

なぜBPに入社したのか

メイドノマドのプロがなぜPythonの会社に?という疑問を持たれたかもしれません。(さんざん友達には「メイドカフェに就職ですか?」と言われておりました。それはそれで楽しそうですがw)

縁としては、僕がBPStudyに5年くらい前から時々参加していて、主催であり社長のharuoさんとFacebookで繋がっていたということはあります。その縁もあったのですが、最終的に入社を決めたのは、理想的な「エンジニア文化」を勉強したいということが理由です。

BP社はTwitterが流行り始めた当初から「Twitterで社員みんなでRTをして求人をする」など新しい試みをすることが盛んで、すごいエンジニアの方々が集まって楽しそうにしているように見えました。当時僕は、勤めていた会社の開発リーダーをしていたので、「こういうチームを作りたい!」と常に参考にしていました。僕にとっては「ITエンジニア集団」こうあるべきというだ像だったのです。

なので、門を叩いた時に言ったのは次の言葉でした。

「僕がここにいることは、悔しさもあります!」

自分がこういう会社を作りたかった!でも、今そこのメンバーになりたいと言っているからです。

「エンジニア文化×秋葉原のメイドカフェのコラボをしたい!」

これは僕はずっと言い続けていたことです。LT4)Lightning Talkのこと。3分や5分など非常に短い時間に技術的なプレゼンをする。通常は複数人交代でやるので聴く人は短時間に非常にたくさんのことを学べる濃い時間を過ごせる。などのエンジニア文化と、メイドカフェの楽しさをコラボすれば、きっともっとすごい!と思っています。

そういう思い出ノマド会をやっている僕にとって、メイドカフェのことを学ぶことも大切ですが、「ITコミュニティ」についても、もっと知る必要があります。そのために適切な場所だと考えました。

エンジニアの方が輝いている会社は他にもいっぱいありますが、これまでの経緯と、参考にさせてもらっていた敬意のため、当初から第一志望でした。

haruosさんのこの発表にも共感しました!

入社してみてどうだったのか

モヒカン系エンジニア5)モヒカン:技術的に「正しいこと」を是とするエンジニアの正確として、ネットや勉強会で間違ったことを発信すると容赦なく厳しく優しくダメ出し指摘をして来る人がたくさんいる。そういう人たちをモヒカン系エンジニアと呼ぶが集うイメージが合ったので、僕のような軟弱なエンジニアが入ったら、マサカリ6)マサカリ:モヒカン系のエンジニアが痛烈なダメ出しをすること。直撃を受けるとしばらく立ち直れない怖いものであるが、エンジニアはサイヤ人のように死に損なう程強くなるので、急激に成長するためにはマサカリは欠かせないを浴びせられて3日目には血まみれになっているんじゃないかと思っていました。

しかし、そんなことはなく「わからないことがあったら、Slack7)slack: グループチャットツール、エンジニア向けの機能がたくさんあってIT系企業では大人気!のtraining部屋で質問してください」と、みんなとても親切で、全く怖い感じはしませんでした。技術的にも、社内で読書会やLT会などが盛んで、技術をできるだけみんなでシャアしようという思いが強く、放ったらかされているという感じはありませんでした。

さらにびっくりしたことは3つあって、一つは、社内がとても静かなこと。同じ会社にいても、主な会話はSlackでするので、会話する声があまり聞こえない。電話もほとんど鳴らない。もう一つは、Slack、hangout、Google Apps、Dropboxなどのツールをフル活用していること。こうすることで、どこにいても仕事ができることを追求していて、自宅作業をしてもなんの支障がないようになっているし、自宅作業はチーム内の合意を得れば自由にできる。そして最後にみんなが早く帰ることw IT企業ありがちの残業体質はなく、時間内に集中して早く帰る文化が徹底していました。

これは、僕にとってとても都合が良いことでした。メイドカフェで「ノマド」の会をやっているので、つまりリモートワークなのです。そのノウハウを身に着けられたことはとてもありがたい。なぜそんなことをするかといえば、その方が効率的が良いからというのもコンセプトが一致しています。そして、定時に帰れる!メイドカフェにも行きやすい\(^o^)/わーい

Slackでのコミュニケーションを主にすると、リモートで作業をしていてもまるで会社にいるような錯覚をするという感覚を覚えました。僕は先日3日連続自宅勤務をしましたが、会社に行ってなくて困ることといえば、コーヒー部(コーヒ好きの方々が豆を持ち寄ってコーヒーを入れてるグループ)の入れるコーヒーが飲めない、レッドブルが飲めないことくらいでした!\(^o^)/

業務時間内でメイドカフェでノマドの会

リモートワークをメイドカフェでやっても良いと言ってもらえたので、堂々と本業をメイドカフェでやらせてもらっています。しかも、日中に開催するノマドの会は、仕事をしているのなら、業務時間内でやって良いと言ってもらいました!

「俺はメイドさんはちょっと好き!」と言う社長のharuoさんは、ノマド会に2回も参加してくれました。\(^o^)/

なので、入社してからも、仕事的に調整可能なタイミングで、ノマド会が日中に開けています。

だからノマド会もSlackをはじめました。ここから自由に入れます!

今後について

おかげさまでノマド会は、募集したその日に定員が埋まるほど、反響を頂いています。次の開催で9回目になります。

今後は、お客様との接点が多い仕事も任せてもらえそうなので、自ら調整して、自由に働ける環境を実現できそうです。うまくすればノマド会の開催も増やせるでしょう。

そして、リモートワークのノウハウもどんどん身についていますので参加された方にも、ノウハウを共有できるのではないかと思います。

ということで、僕は元気です!

これからもよろしくお願いします!!

 


References   [ + ]

1. Python : プログラミング言語の一つ。非常に簡潔にプログラムが書けることから、初心者からプロまで愛好家が多い。海外ではGoogleも採用するなど、利用例が多いが、日本では業務での利用はそれほどでもなかった(などというとマサカリが飛んできそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)最近は機械学習など、人工知能・データサイエンス系の用途での利用が盛んで、急激に人気が上昇しつつある言語。ちなみに僕は全く使ったことがありませんでした。haruoさんいわく「いしがみさんなら大丈夫大丈夫!今できる言語との差分を学ぶだけでできますよ!」と言われてしまったので、期待に答えるべく、入社前に1ヶ月休める期間があったので一気に勉強しました。www
2. BPStudy: 毎回違ったテーマで2人程度の著名なエンジニア・IT企業経営者が話をする。テーマの範囲は広く、プログラミング技術にとどまらず、法律、健康などがテーマになることもある。最近では機械学習やブロックチェーンなどが話題のテーマも。
3. IT系勉強会: ITエンジニア(主にWeb系に多い)の人たちは業務後や土日に会社を超えて集まって、最近の技術動向などの情報交換を欠かさない。「勉強会」とは名ばかりで人が集まってビール飲んでワイワイやってるだけという場合もあるけど、主目的は会社を超えた横のつながりを作ることでもあり、勉強会がきっかけで転職する例は多いので、馬鹿にできない。
4. Lightning Talkのこと。3分や5分など非常に短い時間に技術的なプレゼンをする。通常は複数人交代でやるので聴く人は短時間に非常にたくさんのことを学べる濃い時間を過ごせる。
5. モヒカン:技術的に「正しいこと」を是とするエンジニアの正確として、ネットや勉強会で間違ったことを発信すると容赦なく厳しく優しくダメ出し指摘をして来る人がたくさんいる。そういう人たちをモヒカン系エンジニアと呼ぶ
6. マサカリ:モヒカン系のエンジニアが痛烈なダメ出しをすること。直撃を受けるとしばらく立ち直れない怖いものであるが、エンジニアはサイヤ人のように死に損なう程強くなるので、急激に成長するためにはマサカリは欠かせない
7. slack: グループチャットツール、エンジニア向けの機能がたくさんあってIT系企業では大人気!

メイドカフェでノマド会をはじめた理由 (メイドアドベントカレンダー1日目) #maidadvent

この記事は、メイドAdvent Calendar 2016 の1日目です!明日はgelnimoさんです。

今日も皆さんおかえりなさいませー\(^o^)/

11月より僕は メイドカフェでノマド会 というイベントを始めました。既に5回目を終え、参加者は延べ23人を数えています(重複あり)。今日はこの会の趣旨と、なぜ初めたのか、今後考えていることを書こうと思います。

メイドカフェでノマド会とは

「メイドカフェ」と「ノマド」という、何の関連も無い組み合わせだと思うかもしれません!

しかし、実際は、秋葉原のメイドカフェの多くは、Wifi・電源が完備であり、理想的なノマドスペースです!

これは、このブログでテーマとしてきたことです。つまりブログのコンセプトを踏襲したリアル活動という位置づけです。

そして、毎回の募集ページでは次のように説明しています。

特別なことはしません。各々ノートPCを使って好きなことをやってください。 普通のもくもく会(もくもく作業するだけの会)の場所がメイドカフェだというだけです。 一緒にメイドカフェで作業しませんか?

「もくもく会」とはITエンジニアのIT勉強会の一つで、カフェや会議室などに集まって、特にやることを縛らず「もくもく」と作業をする会のことです。「もくもく」は「黙々」で、たばこの煙のことではありません。

b93d0de818d4d8c7e7befb9384b04507

なぜ、エンジニアは「もくもく会」をするのか?

特別何かを教わるわけでなくても「そこに集う」ということで、次のような効用があります。

  • 皆がまじめに黙々やっているから、自分も集中できる。気が散らない
  • 業務時間外も勉強しようという意識が高い人が集まるため、
    • 技術的な雑談を通じて互いに刺激することができる
    • 業務とは異なる人脈を作ることができる

裏を返せば「プログラミングは好きなんだけど、家だと寝ちゃうんだよね」という人が多いようです。僕もその傾向があります。

第4回@メイリッシュの様子

なぜ初めたのか

このブログは、元々別のブログで以下の記事を書いたことがきっかけとして始まりました。

メイドカフェがプログラマーのノマド作業に最高な理由

この記事を書いて以来、月に1,2人「ブログを見ました」という理由で僕が当時通っていた女中酒場幻橙館に訪れる方が現れました。そのまま常連になった方も多いです。

ところで、このように自分でお店に訪れるのはとても勇気がある方ではないかと思います。それがこれだけ観測されるのであれば、もしかすると「ちょっと背中を少し押せば来てくれる人はもっと多いのではないか」と仮説が発生します。いないかもしれないけど、デメリットもあまりないので、やってみることにしました。

c732a62d308524eff2cb87c727de4705

 

どんなことに注意したか

以上の目的を達成するため、次のことには気を使いました

  • 特定の店舗に偏るのではなく、平等に複数の店舗を紹介する
  • 既存のお客さんや、お店の営業に迷惑にならないようにする
  • 参加者の方には気持ちよくノマドしてもらう

そのためには、次のことに気をつけました

  • 各店舗の常連客の方にも話をして協力してもらう
  • 各店舗に対してはあくまで一般の客としての距離感で接する
  • 事前にお店で実際に作業をしてみてテーブルの大きさ、電源の場所、Wifiの状態などをチェックする
  • 可能であれば、お店の運営とコンタクトを取って事情を説明する
  • 万が一キャンセルが発生してしまった場合のリスクに対処しておく
    • そもそも席数に余裕がある日中や平日を選択する
    • お店のイベントと重ならないようにする
    • メイドさんや常連客の方に、混雑状況を事前に確認しておく
    • お店の運営者にあらかじめリスクを説明する
    • 趣旨に賛同してもらえる、メイドカフェ利用者の味方に声をかけておき、万が一の時にピンチヒッターをお願いできるようにしておく

第2回@Diamaidの様子

やってみて分かったこと

11月中に5回実施した結果、参加者は累積で23名になりました。参加者は全て男性でした。(女性の参加希望者は複数います)。年齢は30代が一番多いようです。予約した席が空席になってしまった席数はこれまでで3席あって、その率は11.5%です。前日以降のキャンセルは4件で、その率は14.8%になります。

第3回@JAM Akihabaraの様子

予想通り良かったこと

  • 予想通り潜在的な需要は存在した
    • connpassにグループを作成し、Twitter・Facebookで告知しただけで、既に2,3人自然流入があった
    • 第1回目の告知を出すと、その日のうちに面識がない方に応募頂いた
  • エンジニアを集めると、楽しい
    • 作業したり、技術トークをしたり、有意義な時間を過ごすことができました
  • 友達の輪が広がった
    • 僕の「知り合いの知り合い」と、僕の「別の知り合い」が出会って面白い
    • Facebookの友達が増えた
  • 当日直前に参加希望者が出ることが複数回あった
    • 1,2席程度の空席がある場合も募集を直前まで出すことは意味がある
  • メイドさんから「参加者の方が後日来店してくれたよ」と教えてくれました。
    • プライバシーがあるので誰がいつ来たのかについては聞かないことにしています

予想外だったこと

  • 意外と平日日中開催の需要があった
    • つまり本物の「ノマドワーカー」が意外といる
    • この場合、参加者の方は本当にまじめに仕事をしている
  • 毎回最低料金のメニューを募集サイトに記載したが、参加者の一部はそれ以外のメニューをオーダーすることによって、「最低料金」以上のお金をお店に落としてくれた

課題としては

  • 真のノマドワーカー向けの日中開催と、退勤後の集いである夕方開催とが同じ名前であるので、まぎらわしくなってしまった
  • 前日にお店に人数を伝えるまで僕がドキドキする!

もありましたが、真摯に対応し、イベントをより良くしていこうと思います。

今後考えていること

今後「ノマド会」以外のイベントも考えていきたいと思いますが、具体的な案はまだありません。

よく勘違いされますが、僕自身は独立して個人事業主になる予定はなく、一エンジニアとして生きていきたいと思っています。そのためこの活動を直接ビジネスにする予定はありません。ただ、取り組みそのものが、自分を楽しませてもらっているし、続けていきたいと思います。

今、色んな人がそれぞれの思いを僕に話してくれるようになりました。それぞれ秋葉原について、IT勉強会について、深い思い入れがあるようです。今はそういう方々の話を聞かせていただいて、今後の方向性を考えたく思います。